公開日: 更新日:

デザインの仕事が楽しくない、つらいと思ったら

デザインの仕事が楽しくない、つらいと思ったら

毎日お忙しいグラフィック・Webデザイナーのみなさま。どうも!ヤマダカイト(@slash_kaito)です。

憧れてデザインの仕事に就いたのに、辛くなって辞めたくなったりしたことってありませんか。僕はあります。

今そんな風に思っているあなたに、続けたら面白いこといっぱいあるよ!と伝えたくて書きました。

憧れてデザインの仕事を選んだはずなのに、キツくてやめたいと思っているあなたへ

地域情報誌の編集者時代
地域情報誌の編集者時代

僕はデザイナーになる前の雑誌編集者をしていた頃から、デザイン雑誌をよく読んでいました。そこに出てくるのは、電通や博報堂、ADKなどの代理店やクリエイティブ・エージェンシー、またはそこから独立したアートディレクターやデザイナーばかり。

誰でも知っているような有名企業の仕事や、キレイなモデルや女優を扱った広告、スタイリッシュなパッケージやロゴなど、、、。

憧れますよね?

そして、そういったキラキラした世界を夢見て飛び込んでみたらアラびっくり。ぶっちゃけキツイことだらけだし、下積みの時は切り抜きとか版下の制作とか文字打ちとかばっかで全然おもしろくないですよね?作るものも全然興味のないジャンルだったり、クライアントからの要望や上司からの修正が多すぎて、全然思い通りに作れなかったり。

そうすると代理店のデザイナーを妬んだり、ひがんだりしますよね?(僕だけですかね?)

ちなみに僕は今でもたまにします。(苦笑)

「あー!俺も美大行って電博行ってたら、有名企業とデカい仕事とか面白い仕事ができたのによー!!」みたいに。

でも、本当は全然そんなことないです。

もちろん、大きい広告代理店や有名デザイナーの会社に入れば、デカい仕事や面白い仕事に当たりやすくなる可能性は高いのかもしれません。

しかし、だからといって小さい会社でも大きい仕事、面白い仕事ができないわけではありません。

面白い仕事は、続けた先に転がっていた

デザイン制作会社時代
デザイン制作会社時代

僕自身の話を例に出します。

僕のデザイナーとしてのスタートはかなり遅く、27歳の時に社員3名の小さなデザイン制作会社からでした。

ですが、非常にラッキーなことに、運良く入れたその制作会社のクライアントは、大手化粧品会社や大手学習塾、大手製薬会社などなど。

社長がとにかく仕事のできる人でして、代理店から仕事を取ってきてコンサルもして、制作もするというスーパーマン。

その会社で右往左往しながらも切り抜きや版下制作から始まり、徐々にチラシやパンフレット、DM制作などをしていました。そして数年経ち、徐々に一人で仕事を任されるようになってきた頃。

大手学習塾から、新しいブランドの塾ができるので立ち上げから関わって欲しいという依頼が来ました。

結果的に、この仕事がそれまでの人生の中で一番エキサイティングな仕事になりました。

ブランディングから始まり、ネーミング、ロゴ、キャラクター制作、店舗デザイン、看板、サイト、チラシ、ステッカー、自動販売機ラッピングなどなど本当に店舗に関する、全ての制作物に関わりました。期間も長期にわたり、動く金額も莫大なものだったのでプレッシャーもすごかったですが。

でもそのプレッシャー以上に「コンセプトを作る」「仕組みを作る」「素晴らしいアイデアを共有し、クライアントとブラッシュアップしていく」という作業が、とにかく自分にとって新しい体験でした。

自分の好き・得意がわかった先にある面白さを知らないのはもったいない

仕事が楽しいと人生が楽しい
仕事が楽しいと人生が楽しい

デザイナーというと「依頼を受けて良いビジュアルのアウトプットを作る」ということにフォーカスされがち。

もちろん良いビジュアルを作るのは当たり前です。ただ、自分の場合は「戦略性」や「着想」の資質が強いからか「こういった客層に、こういう考えを伝えるために、こういったアウトプットにしましょう」とか「新しい顧客を呼び込むのに、こんな新しいことしてみませんか?」といったことが好きなんですね。

運がいいのもありましたが、これが大手広告代理店や有名クリエイティブエージェンシーにいなくてもできた、自分にとってのデカくて面白い仕事でした。

この仕事に関われたことで、それが自分にとっての指針にもなったのです。

もしあなたが今、今後のキャリアに悩んでいたら、もう一度自分の心に耳を傾けてみましょう。そして「今後どういうデザイナーを目指すのか」ということに向き合ってみましょう。

自分が何に向いているのか、何をしていきたいかがわからない状態は、暗闇の中を手探りで進むようなもの。

ストレングスファインダーで自分の強みの元を探してみるのもいいですね。「ストレングスファインダー2.0を受けて、デザイナーとしてのキャリアプランを考えてみた

「好きなことだけして成功する」で有名な株式会社スノーピークの山井太社長も、「自分の真北はどっちにあるか」が大事だと言っていました。真北は絶対的にあなたが目指すべき道です。そして「損得軸ではなく、好きで仕事を選ぶ」とも。

「有名企業の仕事をしたい」

「モデルや女優と仕事をしたい」

「人に憧れられるような仕事をしたい」

これらは、自分の内から湧き出る「好き嫌い」の感情というより、「損得軸」の感情です。

自分が本当にやりたいこと、目指す理想の発見は、ある程度の経験と内省が必要になります。

今あまり面白くない仕事をしているという方も、続けているうちに新たな発見や気づきが必ずあるはず。それを理解した上での転職や独立はとても前向きなため、いい結果を生みます。逆に嫌だから辞める、面白くないから辞める、といった環境の変え方をするとなかなか上手くいきません。

あまりにもブラックな環境ならすぐに辞めるべきだとは思いますが、待つことで訪れるチャンスもあるということを忘れないでほしいです。

それでも今の環境を変えたいあなたには、Midworksがおすすめ

「とにかく今の環境を変えたい!会社にしばられずに、自分でやりたい!」と思っているあなたは「Midworks」がオススメです。

フリーランスでも福利厚生はサラリーマン並なのに月50〜60万稼げます。しかも自分に合った働き方も可能。

Midworks

・正社員並の福利厚生で、正社員よりも稼げる
・フリーランスなのに月々の安定した給与を得られる
・自由な働き方が可能

オススメ

さらに詳しくはこちらから↓

本日のまとめ

・駆け出しデザイナーの仕事はツラい

・でも続けた先には面白い仕事が待っている

・超絶ブラックじゃない限りは続けてみよう

以上、それではまた。

本業で稼ぐカテゴリの最新記事