リンカイ-デザインはデザイナーのキャリアと働き方を考える個人メディアです。

ヤマダカイト,山田海人

リンカイ-デザインをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。ヤマダカイト(@slash_kaito)と申します。

リンカイ-デザインとは

リンカイ-デザインは「デザイナーのキャリアと働き方を考える個人メディア」です。

コロナ禍によって、多くの人の働き方や価値観が大きく変化しました。

リモートワークが当たり前になったことで地方へ移住したり、複業・副業をする人が増えました。

一方で変化を恐れ、以前とスタンスを変えずに働く人もいます。

どちらが正解なのかはわかりません。ただ、そういったことを「考えない」というのはもったいない。

そこで、リンカイ-デザインではデザイナーがキャリアや働き方について考えるヒントになれば良いなと思っています。

これからデザイナーを目指す人には、デザイナーになる方法や楽しさ・厳しさを。

すでにデザイナーとして働いている方には、キャリアの積み方や働き方の事例を。

一つの参考として、楽しんで読んでもらえればと思います。

ブログ名の由来

ブログ名の由来はただの言葉遊びです。個人事業の屋号としても使っています。

クリティカルデザイン=批評的デザイン・本質的な問題提起デザイン

Critical=臨海

臨海=リンカイ

リンカイ=リン(子供の名前)とカイト(僕の名前)

ヤマダカイトについて

ヤマダカイトは妻と長男の3人家族。都内の通販企業でグラフィック・webデザイナーとして働いています。妻と(離婚寸前の)ケンカで小遣いが無くなり、しょうがなく複業家になったデザイナー/ブロガーです。今は仲良し(笑)

座右の銘は「遊ぶように働き、働くように遊ぶ」。

今後は東京✕長崎の二拠点生活をしようと(ゆるやかに)準備中。

総文字数1万5千文字オーバー!

ヤマダカイトの現在・過去・未来が書かれた決定版!

さらに詳しいプロフィールはこちら↓

デザイナー兼ブロガーであるヤマダカイトの半生を、反省とともに紹介。要はプロフィールです。

このブログに対しての想い

僕は20代後半くらいまで、かなりダメダメな人生を歩んできました。

稼がない、やる気がない。そもそも、やりたいことがわからない。いま思い返してものんぺんだらりと日々を暮らしていました。

しかし多くの人の助けを借りて、ようやくまともな人生になってきたな、と今は感じます。とりわけ妻には迷惑もかけたし、心配もかけたし、苦労もかけたし、本当にひどいこともしたし。

それでも一緒にいてくれる、ありがたみ。

そんな妻に苦労をかけないようにと思い、始めたのがこのブログです。ブログである程度の収益を作れば、余裕のある生活ができるだろうと思っていました。

しかし、半年間続けているあいだに色んな人との交流がありました。ブログ上でコメントをいただいたり、twitterで感想をいただいたり、リアルの場で「面白かったよ」と言われたり。

あ、なるほど。これか、と。

今、まさに誰かの(何かの)役に立っているという高揚感。暇つぶしでも本気の調べ物でも悩みの解決でもなんでもいい。自分の紡いだ言葉たちが、誰かに必要とされて読まれているというのは、何物にも代えがたい喜びです。妻の幸せよりも、自分の幸せがまず達成されてしまった(笑)

ですので、ブログ開設から約半年が経った2018年5月現在、改めて妻の幸せを達成できるように頑張っていきます。そのためにも、まずはこのブログを見てくれているあなたのお役にたてるように。

引き続き、リンカイ-デザインとヤマダカイトをよろしくお願いいたします!

おすすめの記事はこちら!

デザイナーの僕が、これまでの人生で買ってよかったもの15選
デザイナーの僕が、これまでの人生で買ってよかったもの15選どうも!ヤマダカイト(@slash_kaito)です。 「物やお金がたくさんあっても、豊かな生活を送れるわけではない」とは、よく言われ...
study of design
デザインが学べるwebサービスまとめ。グラフィック、Webデザイナーを目指すあなたに!さて今回は、「これからデザイナーを目指すよ!」という方なら、すぐにでも登録すべき学習サービスをご紹介します。 もちろん「既にデザイナー...
フリーランスのお守りに!安心をプラスしてくれる無料サービス
フリーランスの安心に!事故補償や請求代行の無料サービス比較 「フリーランスはやりがいもあるし楽しいけど、サラリーマンの会社に守られている感じは正直羨ましい」 「今はうまく行ってるからいいけど...
デザイナーの給料は なぜ安いのか?給料を上げる3つの方法
デザイナーの給料はなぜ安いのか?給料を上げる3つの方法 デザイナーという職業は、薄給であることがよく知られています。 その原因は、「好きな仕事だから安くてもやる人が多い」だと思います。美...