公開日: 更新日:

【エッセンシャル思考のススメ】仕事と家事と育児でパッツパツになった心の解決法

【エッセンシャル思考のススメ】仕事と家事と育児でパッツパツになった心の解決法

先日まで家庭・保育園・仕事のタスクがパンパンに詰まってて、毎日パニックになっておりました。

ヤマダ
(((( ;゚д゚))))アワワワワ

マジでこんな感じ。

仕事がパッツパツの状態は過去何度かありましたが、家事・育児・副業に加え保育園役員は未知なるタスク。

筋トレ的に言うなら過負荷。

まぁ負荷を与えないと、筋繊維は太くならないんで必要なことではあるんですが。

そんな僕の心理状態を助けてくれたのが「エッセンシャル思考」

今回はそんなお話。

現在ヤマダが身を置く状況

実際どんな状態だったのか。

世の中にはもっと大変な人もいるので、「甘ぇ!」と言われてしまったらそれまでなのですが(汗)

子供のお迎え・ご飯の用意・お風呂

父と子
Designed by Freepik

妻が4月から転職して、平日休み10時〜18時の勤務になりまして。

職場まで1時間以上かかるので、保育園のお迎えがギリギリ。

なので、お迎えは僕の役目になりました。

それまで10時〜19時の勤務だったのを、9時〜18時にしてもらって。(会社に感謝)

なのでタイムスケジュール的には、

19時 お迎え

19時半 ご飯(妻帰ってくる)

20時 子供と遊ぶ・家事

21時 お風呂

22時 就寝

みたいな感じ。

妻は初めての仕事に悪戦苦闘中

困惑女子
Designed by Freepik

そして妻は初めての職種に奮闘中。

以前は、某大企業の派遣事務として働いていたので、なんというか、ラクだったらしいんです。仕事が。

かたや今の仕事は、結構色々と任されるようで・・・。

毎日ヘトヘトになりながら帰ってきます。

となると、普段の家事は僕の仕事になります。

風呂掃除・ゴミ捨て・洗い物・洗濯・掃除・片付けなど。

ヤマダ
ほぼ全部やないかーい

妻は平日休みなので、その時に様々な家の事務処理や大規模な掃除などをやってくれているので、全部ではないですが。

さっき聞いたら結構色んなところを掃除してくれてるみたいです・・・ありがたや。

それでも世のデザイナーお父さんと比べたら、結構やっているほうなんじゃないかと。デザイナーって多忙な人多いですからね。

もし「デザイナーパパ家事選手権」があったら上位にランクインするような。

わかんないですが。謎の自信。

会社での様々なタスクと社員教育

会社の仕事も結構なハードタスクでした。

決算を前に、送料が変わったり商品がリニューアルしたり新商品が出たり。

特に、送料の変更は全サイト・全LPに影響が出るので相当大変な作業でした。

そんな大変な日に、子供が急病で16時に一旦会社出て子供迎えに行って病院行ってご飯食べさせて嫁とバトンタッチして21時に戻ってきてまた作業して・・・みたいな状態。

しかも後輩のタスクも拾う(拾わされる)し、後輩の進捗管理とクオリティコントロールもしつつ、2週連続の商品リニューアル、みたいな。

ヤマダ
ムリムリムリ!

絶対に残業できない

困っている男
Designed by yanalya / Freepik

そんな中、お迎えの時間があるため10分たりとも残業ができません。

デザインの仕事は「10時〜19時の決められた時間にしっかり席に座って仕事をする」というよりも「いかに早く上手に制作物を納品するか」という仕事です。

だから、極端に言うと「就業時間の半分遊んでいても、残りの時間で人よりも早く・多く・上手に制作物を納品できるならOK」だと思ってます。

会社ではそんなこと人に言わないですけどね。嫌われちゃうから(笑)

逆にタスクが終わらない限りは、意地でもやり続けなければなりません。

だからこそ残業が常態化してしまうのかもしれませんが。

そんな仕事なので、残業せずにタスクをこなしていくのはかなりの集中力を必要とします。

ヤマダ
ぶっちゃけめっちゃ疲れます

仕事に取り掛かる前に、事前準備と計画をしっかりしておくことが大事だなと思います。

副業

ありがたいことに、最近はLPのご依頼もいただけるようになりました。

これまでは早朝・夜中しか作業時間がありませんでしたが、妻が平日休みになった分、土曜日少しだけ保育園に預けるようになったため作業時間を確保できるようになりました。

なので作業時間的には、

・平日早朝 2時間×5日=10時間

・土曜日 5時間

・日曜日 基本お休み

合計15時間

この時間でブログ書いたり、請負の仕事をしたりしています。

前は深夜に作業したりしていたんですが、昼間のパフォーマンスが下がるのがとにかく嫌で。

やっぱり睡眠大事ですな。

今は22時〜5時睡眠が、ちょうどいい具合です。

保育園の保護者会役員

来ました。

我が家は中途入園のため、あまり保育園の友達がいません。

だから「役員すれば友達できるかも!」とか思ってましたが、それどころじゃないっす。

小学校のPTAとかマジで大変!みたいな話を聞くことはありますが、まさか保育園も・・・

大変な理由が3つあります。

①保護者会役員は保育園とは切り離されたものなので、保育園職員は非協力的。

何故か基本的に嫌われています。

名簿の貸出とか、お知らせの配布とか細かいことでもちょっと嫌がられます。

不思議。

②引き継ぎが紙ベース、詳細は口頭。

ヤマダ家は会計になってしまったんですが、会計資料は全て紙。

しかもデータはなし。

元会計さんに聞けばあるのかもしれませんが、連絡先がわからず・・・

そして、引き継ぎは妻がしたのですが口頭だったのでわからないところも多く。

人づてに連絡ほしいと伝えてもらうも連絡来ず・・・

あきらめて全部手打ちで作り、ほぼすべての会計資料(全部で20cmくらいのノートと書類)に目を通して、自力で会計の仕事を把握しました。

ヤマダ
自分で自分を褒めたい

資料作りにはGoogleスプレッドシートとGoogleドキュメント、GoogleドライブのOCR(画像から文字を認識してくれる機能)が非常に役立ちました。

ありがとうGoogle・・・!

詳しくは後日、別稿で。

③保護者は本当に色々な人がいる

とにかく多種多様な人々がいます。

土日・朝晩、関係なくLINEがあるし。

とりあず懇談会から妻にバトンタッチしたので一安心です。

妻は人に指示するのがとても上手。頼りになります。

まとめるの上手やけんね。
ヤマダ
かっちょええ!

混乱した僕の心を解決してくれたのがエッセンシャル思考でした

家に帰っても気を張りっぱなしで、上手に寝られなくなりました。

多分、交感神経と副交感神経の切り替えが上手にできなくなってたんでしょう。

眠りが浅くなり、頭痛・肩こりが常にするという状態に。

これやべーな・・・なんとかせねば、と思った時に、以前Twitterで話題になっていた「エッセンシャル思考」を思い出しました。

今あるタスクはしょうがないとして、とにかく「あれもこれもやらなきゃ!ひゃああーーーー!!!」となっている今のこの心理状態をどうにかしたい!と思っている自分にはピッタリの本でした。

エッセンシャル思考とは

エッセンシャル思考とは「より少なく、しかしより良く」を実践する考え方。

エッセンシャル思考

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

 

例えば、自分のクローゼットの中を思い出してみましょう。

着る服は限られていて、着ない服がクローゼットの何割かを占めていませんか?

服を捨てずに新しい服を買い足していったら、クローゼットの中はぐちゃぐちゃになり、着たい服は見つからなくなってしまいます。

エッセンシャル思考と非エッセンシャル思考

全てを置くことはできない(トレードオフ)から、自分にとって本当に必要なものだけを残し(選択)、着ない服(ノイズ)は処分すること。

これがエッセンシャル思考です。

エッセンシャル思考を実践する方法

指差し女の子
Freepikによるデザイン

全てのことをやろうとしても、1日の時間は24時間しかありません。

自分の時間とエネルギーをもっとも効率的に使い、重要な事だけを集中して行います。

エッセンシャル思考を実践方法は、下記の3つのステップです。

見極める

エッセンシャル思考において一番難しく、一番重要なのがこれ。

大事なことと、そうでもないことを見極めること。

選択するためには、ものごとの本質をとらえるための洞察力、そして明確で厳しく正しい基準がなければなりません。

 

例えば他の人に仕事を依頼され、何も考えずに「Yes」と答えるのは簡単ですよね。

でも後で「あー!気軽に引き受けなければ良かった!」と思ったことが、あなたにもあるはず。

それを続けていると、自分にとって本当に大事な仕事をする時間はなくなってしまいます。

いつしか、自分がやりたくもない瑣末な仕事に追われる毎日に

優秀な人ほどこのサイクルにハマりやすい、と「エッセンシャル思考」の著者グレッグ・マキューンは語っています。

なまじタスクを処理できるので依頼が絶えず、周囲の期待に答えようと無理なタスク配分を許容してしまうのです。

捨てる

そうならないために、急な仕事を依頼された場合はまず5秒置き、考えてみましょう。

「これは本当に会社にとって、ひいては自分にとって大事なことか?」

「他のことを投げ打ってでもすべき事柄か?」

もし「そうでもない」という答えが出たのであれば、やんわりと断りましょう。

「その仕事をするのであれば、他の仕事の納期も遅らせるかクオリティを下げなければなりません。それでもよければ」

最初は、上司や同僚を残念な気持ちにさせるかもしれません。

しかし次第に、その選択をしたあなたに敬意を抱くようになるでしょう。

自分が本当にやらなければならないことを理解し、信念を持ってやっているということに相手が気づくからです。

もちろん断るときはきちんと思いやりを持って断らないと、険悪になってしまうので注意しましょう。

しくみ化

上記2つの「見極める・捨てる」を、その都度考えながら行なうのは効率的ではありません。

これらを、しくみ化する必要があります。

簡単に言うと、

①入念な準備をして、

②自分のやるべきことをしっかり見据え、それ以外の仕事を減らし、

③細かくタスクを区切り、

④目の前のことを集中して行なう

です。

これらを行なうための基本的な考え方が、前述の「選択・ノイズ・トレードオフ」です。

さらに詳しくは本書で。

エッセンシャル思考を知った影響

エッセンシャル思考を知って、一番良かったことは「無理をしなくなった」ことです。

何が自分にとって一番大切か優先順位をつけ、それ以外は諦めてもいい。

その考え方は、僕の心をふっと軽くしてくれました。

一番大事なのは家族だと再認識

young family with a child on the nature
Freepikによるデザイン

例えば、僕にとって一番大事なのは「家族」です。

その家族である子供のお迎えは19時。

コレは絶対最優先事項なので、会社で急に差し込まれた仕事は明日以降、もしくは自分がやらなくても良いと考えるようになりました。

家事・育児も無理に全部やろうと思わない

また、家事・育児に関しても大事なのは「しっかり栄養と睡眠を摂って、元気に楽しく毎日を過ごすこと」なので、可能な限り家事はしないor家電製品に任せます。

乾燥機付き洗濯機・食洗機・ルンバがあれば、ほとんどの家事は自動化できます。

まさに現代の「三種の神器」。

ルンバほしいな〜!!

あと、子供の食事も遅くなってしまわないよう、パルシステムの惣菜などを利用しています。

ブログ・副業は余裕のある時に

ブログや副業に関しても、あくまでサブとしてとらえ、睡眠時間や家族の時間を削ってまでやらないことにします。

ただ、これに関しては検討の余地ありです。

できることなら両方やらなくてもいい状態にしたいですが、MacBook Proを買ったときの家庭内借金を返済しないといけないので・・・

 

仕事も、家庭も、副業も、と全てをやろうとすると、どうしても無理が生じてしまうのは当然です。

「やらなくてもいい」というのは一見怠惰なように思えてしまうかもしれませんが、生真面目で実直な日本人にはちょうどいい考え方かもしれませんね。

リンカイ、またはコンカイのまとめ

考えてみれば、ブログを始めたあたりから僕はテレビやゲームを辞めました。

別に辞めようと思ったわけではないですが、自然と時間ないのでしていないだけです。

おそらく自分にとって優先順位が低かったからですね。これもトレードオフ。

 

自分が普段意識せずやっているライフハック的なことも、このエッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にするに載っていたので、「あー!それわかるー!」みたいな感じでした。

エピソードもたくさん紹介されていて、とても読みやすいです。

最後に。本質を見据えて生きることの大切さを表すエピソードで、とても素敵だなと思ったものがあるのでご紹介します。

本質目標は(中略)正しく使えば、人生に意味を与え、正しい方向へと導いてくれる。

(中略)

たとえば、人種差別に対して静かな抵抗を貫いたローザ・パークス。彼女はアラバマ州モンゴメリーのバスで白人専用席に座り、そこから立ち退くことを拒否した。この出来事が、その後の公民権運動に火をつけることになる。

(中略)

「強い決意が、冬の夜のキルトのように、私の全身を包んでいる感じがしました」

その決意が世界中に反響を呼び起こそうとは、夢にも思わなかった。たしかだったのは自分の心だ。彼女は逮捕されながらも、「もう二度と座席のことでこんな屈辱を受けたりしない」と固く誓った。その屈辱を避けるためなら、刑務所に入るリスクくらい受け入れられると思った。

彼女にとって、それが何よりも本質的なことだったのだ。

引用:エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にするP161〜163より

エッセンシャル思考、おすすめです。

それではまた。

ヤマダ
この記事が役に立ったら、シェアorはてブしてくれるとメッチャ喜びます!

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitterでもデザインや日々のことをつぶやいています。

本・マンガカテゴリの最新記事