公開日:

MacBook Proにおすすめ!Time Machine対応の外付けストレージ(HDD・SSD)ランキング

MacBook Proにおすすめ!Time Machine対応の外付けストレージ(HDD・SSD)ランキング

Mac買ったけど容量パンパンになってきた・・・!

よし!外付けのストレージ買おう!と思ったら、めちゃくちゃ選択肢がたくさんある。

これはUSB-CだけどSSDで高いし、こっちは安いけどHDDでUSB3.0だし・・・。

結局どれがいいのか全然わからん!

そう思った僕は、夜を徹して調べた結果思いました。

結局は好みだと。

ズコー!!

それではあんまりなので、デザインやコストパフォーマンスなどの部門別ランキングをご紹介します。

なお、完全に独断と偏見のランキングで、かつ1位のみの掲載ですのであしからず。

僕はとりあえず1週間くらい悩んでから、この中から買おうかなと。

それではまいりましょう!

「MacBook Proにおすすめ」の理由

まずMacBook Proにおすすめな理由から見ていきましょう。

USB-Cに対応していること

USB-CはMacBook Pro2016モデル以降から標準装備となったUSBの規格。

天地左右で違いがない、こういう形のものです。

USB-C

MacBook Pro2016モデル以降は充電の接続も含めて全部これ。

もちろん普通のUSBに変換するケーブルもあります。

でもUSBでつなぐものに全部これ付けるの手間ですよね。

そこでこういったUSBハブもあります。これならよく見る普通のUSBも使えます。

でもやっぱり直接つなげたほうがいいので、可能な限りUSB-C対応の商品が良さげ。

転送速度がなるべく速い

転送速度
Apple公式サイトより引用

転送速度に関しては色々あるんですが、ざっくり言うと上の表の通り。

MacBook Pro2016以降であれば、Thunderbolt3に対応しているのでできる限り導入したいところではあります。

ただ、いかんせん価格が高い・・・!

転送速度が速いものをお求めであれば、

thunder2 thunder1

こんな感じのマークがついているものを選べば間違いなし。

今回はThunderbolt、USB関係なく選んでいます。

Time Machineに対応していること

timemachineに対応

MacのデータをまるごとバックアップしてくれるTime Machine。Mac対応と書かれていたら、ほとんどがTime Machineに対応していると考えて問題ないでしょう。

Time Machineについて詳しくはこちら。

基本的にストレージはOSに依存しません。フォーマットさえ行えばどのストレージでもMacで使用できます。

デザインがおしゃれなこと(主観)

appleから引用
Apple公式より引用

Windowsなら同スペックのものが半分の価格で買えるのに、Macを選ぶのですから。きっとあなたはデザインにこだわりがある方なんだと思います。

Macにマッチするようなデザインの外部ストレージじゃないと嫌ですよね。

僕は安くてもテンション上がらないデザインなら買いません。

価格が下がるまで待つか、データを整理したりして我慢します。

できればSSD

ストレージの種類にはHDD(ハードディスクドライブ)とSSD(ソリッドステートドライブ)の2種類があります。

それぞれの特長は下図の通り。

HDDとSSDの比較

HDDは物理的にディスクに書き込むため、データの復旧がある程度可能です。

逆にSSDはメモリに記憶させるため、復旧が難しい上に10年くらいでメモリが劣化してデータが消えることもあるそうな・・・。

恐怖。

使用環境に合わせて選びましょう。

今回はHDDもSSDも関係なく選んでいます。もし長期的な保存が最優先!ということであれば、信頼性ランキング1位のものがおすすめです。

電源不要のもの

MacBook Proをお使いであれば、打ち合わせ先やカフェで仕事する時もあると思います。

持ち運びするのに、電源接続が必要な据え置き型だと不便ですよね。

今回ご紹介するのは全てMac側から電源を供給できるバスパワータイプのもの。

電源が必要なセルフパワーのものより、お値段は張ります。

MacBook Proにおすすめの外付けストレージ(HDD・SSD)おすすめランキング

さて、そんな条件をくぐり抜けて厳選したストレージたちをご紹介。

ランキングといいながらも1位のみのご紹介です!

なんでなん?
ヤマダ
いや、いっぱいありすぎても何を選んでいいのか、わからなくなるかなー思うて・・・

そんなわけで部門別に1位の物を選んでみました。それではどうぞ!

コスパランキング1位

トランセンドジャパン
¥12,980 (2018/08/19 23:14:48時点 Amazon調べ-詳細)

1TBあたりの価格がなんと6,490円。安い!

USBタイプCに対応 。もともとHFS+でフォーマットされているので、Macに接続するだけで使用可能なのもポイント。

デザインランキング1位

いやぁいつ見てもカッコいい。

まさに大人の男のためのHDDだなぁ。

4TB版もあります。

転送速度ランキング1位

540MB/sという圧倒的な速さのSSDパフォーマンス。そしてThunderbolt3に対応。

読み書きはHDDの比ではなさそうです。

容量が500GBで少し心もとないのと、価格の高さがネックですね。

携帯性ランキング1位

キーホルダーかよ・・・!ってくらいのサイズ感。

サンディスクさんはもっと小さいのも出してるんですが、そちらは海外パッケージ品なのとデータ復旧ソフトが付属していないので。

結婚式のビデオグラファーの人が絶賛していました。

撮ってその場で書き出して編集するという彼らにピッタリですね。

サンディスクさんはカメラマンの人に愛用されているブランドで、信頼感は抜群。

元ブライダルカメラマンの我が家の妻もサンディスク派です。

せやね

リンカイ、またはコンカイのまとめ

お気に入りのものは見つかりましたでしょうか。

惜しくもランキング外だったのですが、こちらも良いなと思いました。

なんかUFOみたいでかわいい。

もっと安く済ませるには、ケースと中身のドライブを別々で買って自作する方法もあります。

手間暇かかっても安くしたい!という方はおすすめです。

それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitterでもデザインや日々のことをつぶやいています。

ガジェットカテゴリの最新記事