公開日: 更新日:

【中途未経験からグラフィックデザイナーになる方法】vol.2 転職サイト編

【中途未経験からグラフィックデザイナーになる方法】vol.2 転職サイト編

中途未経験からデザイナーを目指す方へ。

どうも!ヤマダカイト(@slash_kaito)です。

今回は専門学校や職業訓練校に行かず、独力でデザイナーになる決意をした、あなたに送る転職サイトのご紹介です。

僕自身もそうだったので、そういう人をめちゃめちゃ応援しています。

間違ってもハローワークとかで探さないように(笑)

ハローワークは無料で出せるので、いい会社も悪い会社もカオス状態です。詳しくは後述します。

前回の記事はこちら→「【中途未経験からグラフィックデザイナーになる方法】vol.1 スタート編

どうして転職サイト選びが重要なの?

デザイナーの職を探すための求人サイト選びは重要です。

通常の転職であればハローワークあります。

しかし、数多くある求人の中から自分にマッチしそうなデザイナーの求人を探すのは、カンタンではありません。

しかもハローワークは無料で出せるうえ、審査の基準は割と甘め(僕が転職活動していた5年前とかですが…)なので、求人内容と実際の仕事内容がかなり違うとかもありました。

そこで便利なのがクリエイター専門の求人サイト。昔はそれほど数は多くなかったのですが、最近はかなり増えてきました。

この記事では、サイトごとの色々な特長をまとめました。ご自分の好みに合うサイトからお選びください。

クリエイティブ専門の求人サイト一覧

宣伝会議グループのマスメディアン

マスメディアン

一番のオススメはこちらのマスメディアン。


マスメディアンは宣伝会議、販促会議、ブレーン、広報会議などクリエイティブ・マーケティング関連の専門誌を発行し 60年以上の歴史を持つ「宣伝会議」のグループ会社。

インハウスのデザイナー求人も

求人を出す企業側からの信頼も厚く、求人数が他とは桁違いです。勤務地や職種から選べるのはもちろん、インハウスの求人も探せます。

インハウスとはメーカーなどの一般企業内で働くこと。

制作会社とは異なりクライアントを相手にする仕事ではないので、「仕事終わって帰ろうかと思ってたら、明日の朝までの修正依頼が来た」みたいなことがなく、割りと余裕をもって働くことができます

僕自身、制作会社とメーカーのインハウスデザイナー両方を経験してきたのでよくわかりますが、本当に労働環境は違います笑

専門コンサルタントがオススメ求人を紹介

他の転職サイトとは異なり、専門のコンサルタントが無料で相談にのってくれるので、転職するにあたっての心強いパートナーになるでしょう。

登録・面談は無料なので、自分の条件に合いそうな企業がないか気軽にチェックしてみるのもいいかもしれません。

マスメディアンの登録は下記URLからどうぞ。
広告・Web・マスコミの転職はマスメディアン

レバテッククリエイター

レバテッククリエイター

レバテッククリエイターの良いところは、正社員の求人だけではなくフリーランスの求人も行っているところ。業務委託として在宅での作業も請け負うことができます。

しかも!案件を探す際に、単価から選べるのがいいですね。

単価から選べる

登録は無料のうえ、担当がついてくれるのでおまかせで求人案件を紹介してくれます。さらに初めてフリーランスになりたい、と考えている方向けに個別相談会もおこなっているそう。

webだけでなく、グラフィック、ゲーム、ディレクター、シナリオライターなど幅広い職種の求人が揃っています。また、サイト内には担当コーディネーターの紹介が詳しく書かれているので、親しみが持てます。

コーディネーター紹介

レバテッククリエイターの登録はこちらから。
Webクリエイター案件・求人情報サイト無料会員登録 / レバテッククリエイター

 

JDN運営の「デザインのお仕事」

デザインのお仕事

デザイン情報サイト「JDN」やコンテスト情報サイト「登竜門」を運営している株式会社JDNの求人サイトです。

こちらもデザイナーやクリエイティブ職種の人にとってはおなじみの企業ですので、信頼性は高いです。

「働き方もデザインする人の求人サイト」の名前の通り、働き方のヒントを学べるコンテンツがあります。様々な企業のデザイナーの働き方インタビューから「その企業で働いたらどんな自分になれるだろう?」というのを、よりリアルにイメージできるはず。

登録などが必要ないのもポイント。企業に直接連絡を取って応募するので、サイトの構成もシンプルです。

デザインのお仕事での求人探しは、下記URLからどうぞ。

働き方もデザインする人の求人サイト デザインのお仕事

美術手帖運営の「アートとデザインの現場|JOB」

アートとデザインの現場

ご存知、日本を代表する美術雑誌、美術手帖が運営する求人サイトです。

100年以上の歴史がある企業で、知名度はピカイチでしょう。応募を出している企業も、有名デザイン事務所や大手アパレルなどなど、、、掲出されてい求人の数は決して多くはありませんが、そのぶん企業としての質は高い(有名デザイナーが在籍・大手クライアントを抱えているデザイン事務所)ように感じます。

webとして連動したコラムなどがあるのが特長。

こちらも登録の必要はありませんが、お気に入り機能が使えるのでとりあえず登録しておくことをおすすめします。

アートとデザインの現場|JOBは、下記URLからどうぞ。

美術手帖がお届けする、アート&デザイン業界の求人サイト アートとデザインの現場|JOB

CINRA.JOB

cinra job

大手メディアである株式会社CINRAが運営する求人情報サイト。

業種が幅広く、デザイン、WEB、テレビ、CMに始まり、音楽、出版、映画、アート、演劇、写真、ファッション、ゲーム、建築などの企業を掲載しています。

サイト内で、企業の制作事例を多数見ることができるのが便利。

こちらもおすすめの求人を紹介してくれるエージェント機能があります。

CINRA.JOBの登録は下記URLからどうぞ。

WEBデザイナー、音楽、出版、編集、映画、テレビ、CMなどクリエイティブ業界の求人情報を集めたサイトCINRA.JOB

graphical job

graphical jpb

有名デザイン事務所や大手企業ではなく、割りと中小や有名ではない企業のデザイナー求人が多数募集されています。

中小だからといって侮ることなかれ。そんな中にも有名企業のクライアントと直取引しているようなところもあったりします。

面白いのは、色々な人のポートフォリオを見れるページがあるところ。自分で投稿してコメントをもらうこともできるので、企業から逆オファーがあったりするかも?クリエイターへの一問一答が、作り込まれていないリアルな感じで好感が持てます。

また、採用祝い金をもらえる求人もあるので、チェックしてみてみましょう。

graphical jobの登録は下記URLからどうぞ。

グラフィックデザイナー、WEBデザイナー求人サイト graphical job

MORE WORKS

more works

「もっとクリエイティブになれる仕事に出会おう。」がキャッチコピーの求人サイト。

例えば「UIデザインをやりたい!」とか「デザインだけでなく、アートディレクションしたい!」といったような業務内容から探せるのがポイント。

デザイナーに加え、エンジニア、ディレクタ―、プロデューサーの4つの職種から探すことができます。

また、ポートフォリオや給与などの希望条件を登録することで、企業側からスカウトを受けることができます。登録しておくだけで、自分の希望にマッチする企業と出会う確率が高まります。

MORE WORKSの登録は下記URLからどうぞ。

デジタル・クリエイティブ業界の求人サイト MORE WORKS

ウェブタント(追記:2018.3.16)

webtant

ウェブタントは普通の求人サイトでは出回らないような、ECサイトのwebデザイナー、コーダー、ネットショップ店長などの求人がたくさんあります。

web/ECに特化した求人サイトのため、「楽天上位店舗でノウハウを学びたい!」「ネットショップなら任せとけ!」といった方ににオススメです。

今なら会員登録で、実践力アップセミナーのお試し無料クーポンや、適性診断(CUBIC)が無料で受けられる特典付き。

相談会も随時開催しているようです。

無料の会員登録はこちらのバナーからどうぞ↓

本日のまとめ

以上、中途未経験がグラフィックデザイナーになるために必要な、転職サイトのご紹介でした。

最近流行りのwantedlyとかもありますが、そもそもデザイナーなどクリエイターに特化した求人サイトではないので省きました。

でもSNSのつながりで見れるので、社内メンバーや応募者の人間性が見れるのは、かなりメリットもある気がします。Facebook上で変な投稿をしていない方はwantedlyもどうぞ 笑

 

やはり中途未経験でデザイナーを目指す人にとってのネックは「その業界に詳しい相談相手がいない・アドバイスしてくれる人がいない」ということかな、と思います。

友人に現役デザイナーがいたとしても、恐らく忙しくてそこまで頻繁に相談にのってはくれないでしょう。

そういった意味でも、専門コンサルタントはかなり心強い存在です。

一度面談で自分の方向性やスキルの棚卸し、どんな企業が自分に合うのかなどを相談してみましょう。

宣伝会議のマスメディアンなら、無料で専門コンサルタントと面談できます。どうしようか悩んでいる方は、まずは無料の面談からスタートしてみましょう。転職活動にエンジンがかかり、あっという間に転職が決まってしまうかもしれませんよ。

マスメディアン専門コンサルタントとの面談の申し込みは、下記URLからどうぞ。
広告・Web・マスコミの転職はマスメディアン

あなたの転職活動のお役に立てれば幸いです。

それではまた。

次の記事はこちら→「【中途未経験からグラフィックデザイナーになる方法】vol.3 ポートフォリオ編

デザイナーになるカテゴリの最新記事