公開日: 更新日:

これでもう妻に怒られない!仕事から帰った後の夫がすべきこと

これでもう妻に怒られない!仕事から帰った後の夫がすべきこと

どうもヤマダカイトです。
仕事が終わって家に帰り、ようやくくつろげる・・・と思ったのも束の間、妻から茶碗洗えだの風呂洗えだの掃除機かけろなどと言われてゲンナリ・・・家に帰っても全然安らげない・・・と思ったことはありませんか。僕はあります。
我が家は共働きなので、平日は妻も疲れており、あーせいこーせい言われます。さらに、すぐにやらなかったり、仕上がりが甘かったりすると怒られます・・・。すると、あっちもイライラ、こっちもイライラ・・・で夫婦のケンカが増えていき、最悪の場合離婚に・・・。

今回はそんな夫婦の危機を迎える前に、あらかじめしておく予防策をご紹介。実際に我が家はこれをしただけで、平日のケンカはほとんどなくなりました。早く帰れた時と、遅く帰った時バージョンでそれぞれご紹介します。それがこちら!

早く帰れた日Ver.

兵士の敬礼Hand写真Luis_molinero – Freepik.comによるデザイン

1 玄関を開ける前に呼吸を整え、「ここは第二の戦場だ」と気を引き締め直す。

2 帰ったら目をしっかり合わせて、にこやかに「ただいま」(可能なら今日の労をねぎらいながらハグ)

3 「今日はどうだった?」「何かあった?」と様子を伺いながら、ザッと家を見渡し片付けたり、してほしそうなことを探す

4 妻の話を聴きながら、言われる前にそれをササッとしてしまう。ここ大事。「言われる前に」する!

5 「◯◯しておいたよ」と(あくまでさりげなく)言いながらご飯を食べ、さらに話を聞く(女性は話をウンウンと黙って聞いてほしいものらしいです)

6 あとは風呂に入ってノンビリくつろぎましょう!!

解説:家庭も仕事も戦い(のようなもの)です。家に帰る直前には気を引き締め直すことで、奇襲・急襲(妻が既にお怒りの時)に備えられます。そしてしっかり目を合わせ、労をねぎらい、話を聞くよアピールすることで「ちゃんと私のことを見てくれている・愛してくれている・気遣ってくれている」と思ってもらいます。

そして極めつけに、掃除・洗濯・茶碗洗いなど「何かやってくれたら助かること」を「言われる前に能動的にやってしまう」ことで、妻の心はだいぶほぐれます。そうすればあとはもうこっちのもの!

ダラダラ酒を飲みながらテレビを見てても、アレしろコレしろとは言わないでしょう。それでも言うならば、もっと深く話を聞いてみましょう。ストレスの原因が何かあるはずです。

何もないのに言ってくるのは、ただの悪女です。即刻別れることをおすすめします。

遅く帰った日Ver.

忍者の忍び足
極限まで物音を消しながら鍵を開け入る。

忍者のように気配を消した状態でご飯を食べる。

3 なにかひとつやっておいたくれたら助かるもの(洗濯・洗い物・掃除など)をする。

4 あとは風呂に入ってノンビリくつろぎましょう!!

解説:残業だとしても飲み会だとしても、遅く帰ってうるさいのはナンセンス!忍なれども忍ばない!のは言語道断です。気配を消してミッションを進めましょう。洗い物や掃除機もうるさくなるので、片付けくらいがベターかもしれません。翌日妻が「◯◯やってくれたのー?助かるー!!」とウッキウキ状態なのを想像しながらノンビリ自分の時間を過ごしましょう。

今日のまとめ

以上、ヤマダカイトが実践した、妻に怒られないための予防策でした。こういう風に書くと、とんでもなく妻に対してへりくだっているように見えますが(笑)人生設計や、家族の方構成など、ちゃんと引っ張るべきところは引っ張りましょう。

血の繋がらない男女が一緒に暮らしていく以上、ある程度の思いやりやマナーは必要です。相手が気持ちよくなれるよう、なるべく配慮しながら楽しく暮らしていけたら最高ですね。全ての夫婦が仲良く楽しくいられることを祈っております。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitterでもデザインや日々のことをつぶやいています。

妻と仲良く暮らす方法カテゴリの最新記事