デザインする

Adobe Photoshop CCが2018年1月22日にアップデート!切り抜きが楽に!

Photoshopアップデート

Adobe Photoshop CCが2018年1月22日にアップデートしたようです。

今回のアップデートは恐らくPhotoshopで(個人的に)一番使う機能である、「切り抜き」を強化してくれてます。

全てはAdobeのAI技術であるAdobe SENSEIのおかげ…ありがたや

新機能の詳細を見ていきましょう。

Photoshop CC 19.1の新機能

被写体を選択

画像内の目立つオブジェクトをワンクリックで選択できるとのこと。

今までは、

「ざっくり抜きたい時」=クイック選択ツール

「背景1色だけど、髪とか複雑なオブジェクトの時」=クイック選択ツール+選択とマスク

「とにかくちゃんとしたい時」=ペンツールでパス書いて選択範囲指定してマスク

みたいな感じでやっていました。

それがどうやら、めちゃくちゃ簡単になったようです。

Twitterでも、

絶賛の嵐

実際に僕もやってみようと思いましたが、まだOSがYosemiteだったので新機能に対応していませんでした(涙)

追っかけ試してみようと思います。

追記:2018年1月25日

会社のWindowsでやってみました!確かに便利ですねこれは。

高解像度モニターのサポート強化

高解像度モニターに合わせて自由にサイズが変更できるようになったようです。

UIの大きさも調整できるとのこと。

「選択とマスク機能」の強化

「不要なカラーの除去」オプションのスライダーにより、画像内の不要なカラーを除去する量を簡単に調整できます。

引用:Adobe公式サイトより

これもSENSEIの進化のおかげですかね?どんどん作業が楽になることで、考える時間が増えます。最高!

Microsoft Dialとの連携強化

Microsoft Surface Dial は文字通りSurfaceで使えるダイヤル式のハードウェア。

Illustratorでも回転、ズーム、アンドゥ・リドゥなどに使用できます。

Microsoft Surface Dial

画像引用:Adobe公式サイトより

面白いインターフェースですね。Photoshopでもサイズや不透明度などのブラシパラメータを簡単に変更することができるようになりました。

本日のまとめ

Adobe SENSEIの進化によって、今後もより直感的に、より簡単に様々な作業をすることができるようになっていきそうです。

Adobe MAX 2017であったような『色付けを自動で行う「Scribbler」』の登場とかも楽しみですね。

それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitterでもデザインや日々のことをつぶやいています。
今すぐ副業・複業を始めるなら
福業?副業?

副業・複業を始めるのに必要な、モノ・コト・考え方について書きました。

本で言う目次みたいなイメージのリンク集です。興味のある事柄については、リンクから詳しい記事を見ることができます。

デザイナーに特化した副業についての記事ですので、その他の方にとってはあまり有益ではないかもしれませんが(苦笑)

ブログでマネタイズする方法も書いておりますので、ぜひご覧ください!

デザイナー副業・複業のまとめ記事を今すぐ見る!