ココナラ(coconala)で始めるカンタン副業!ロゴ・名刺作成・イラスト制作など

coconala副業の始め方
副業の始め方
この記事は約4分で読めます。

どうも!ヤマダカイト(@slash_kaito)です。

本日2018年1月29日(月)、朝の情報番組でも紹介されたココナラ(coconala)に早速登録してみました。

2021年3月19日東証マザーズに上場したようです。(参照/ビジネスインサイダー
スポンサーリンク

ココナラは、自分のスキルを登録して販売できる

ココナラについて説明いたします。

ココナラは、「あなたの顔をイラストで書きます!」や「あなたの店舗のロゴを制作します」といったCtoC(個人同士で)でスキルを売買できる場所です。

匿名も可能なので、会社や家族にはバレたくない!といった方にもオススメ。

ココナラ3つの安心

売買の流れはカンタン。

売る方「これこれこんなスキル持ってます〜

買う方「この人いい感じのスキル持ってますな〜買います〜」

ココナラ「よっしゃ!ほんだらあとは2人でやり取りして進めてってや!売上や支払いはワテが仲介するから安心してや。その代わり手数料として25%もらうで」

みたいな感じ。

エセ関西弁なのは愛嬌やで。堪忍してや。

ココナラで販売されているスキルは多種多様

さて、ココナラでは本当に様々なスキルが登録・販売されています。

  • 似顔絵・イラスト
  • 画像・デザイン
  • 動画・アニメーション
  • 音楽・ナレーション
  • IT・プログラミング
  • ホームページ制作
  • 文章・キャッチコピー
  • 語学・翻訳
  • ビジネス
  • キャリア・就職・資格
  • SEO・Webマーケティング
  • マネー・不動産
  • 恋愛・結婚
  • 心の悩み・健康
  • 占い
  • 暮らし・住まい
  • グルメ・料理
  • 趣味・娯楽
  • 旅行・お出かけ
  • 美容・ファッション
  • 子育て・教育
  • 副業・アフィリエイト
  • その他
  • ハンドメイド

どうやら一番人気なのは「似顔絵・イラスト」。SNSのイラストを書いてもらう需要が多いようです。

デザイナーにとっては「画像・デザイン」や「ホームページ制作」あたりがメインですね。しかし、このジャンルもだいぶ人気があるようで、販売のキャッチコピーもだいぶ工夫しないと埋もれてしまいそうです

デザインスタジオが制作するロゴが〜」とか「修正回数無制限〜」とかの言葉が飛び交います。しかも高くても10,000円とかでした。かなり安い。

どうやらこれは、いわゆる「入り口商品」的な立ち位置で、おひねりやオプションなどを付けて販売しているようです。

例えばロゴタイプだけじゃなく、マーク付きなら+5,000円、とか。

おひねりというのは、購入者が「価格以上のサービスだな~」と思ったら追加で支払えるサービス。いかに価格以上の価値を感じてもらえるかが勝負ですね。

あとはメインの画像を1枚載せられるのですが、コレも重要です。自分の作ったロゴや名刺の自信作を掲載しましょう。

キャッチコピーとメイン画像、この2つにこだわれば仕事は取れると思います。

とりあえずのデザイナーの練習の場にはぴったりかもしれません。

ココナラはFacebookやYahooのIDでカンタン登録!

FacebookやYahooのIDがあれば1クリックで登録することができます!

ココナラ登録方法

めっちゃカンタン。あとは詳細なスキルプロフィールを登録して(僕ならIllustrator・Photoshop・Dreamweaver・HTML・CSSとかですね)売りたい商品を作るだけ。

めっちゃカンタンでした。上でも記載しましたが、とにかく売りたいスキルのキャッチコピーとメイン画像が一番大事です。ここをこだわりぬけば仕事をゲットできるでしょう。


ランサーズ
などと違ってインバウンドの販売方法なので登録してからは、ひたすら待ちです。それがいいところでもあり、もどかしいところでもあります。

本日のまとめ

ココナラに登録してみた感想でした。僕も副業のツールとしてこれからガンガン使っていこうと思います。

とはいえ、待ってるだけでは仕事は来ないので、ランサーズのように自分から仕事を取りにいけるものも併せて、やっていくのが良いかなと感じました。

ココナラのサイトはこちら

「副業しよう!でもどうやってやれば・・・」という方はこちらもオススメです。

在宅デザイナーが使っている副業・複業におすすめのWebサービスま...
2020年はコロナ禍の影響で、様々な業界に影響が出ました。リモートワーク・在宅ワークが一般的になった業界もあれば、売上が急降下する業界も多く、世の中のすべての人が『自分の力で仕事を見つけ出す・作り出す』必要が出てきたように思います。...

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitterでもデザインや日々のことをつぶやいています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました